厳しい現実

2011
05-12
日刊サイゾーさんの
記事からリンク↓

「客足戻らず......」震災2カ月
チャリティーと経営の間に揺れる
ライブハウス事情


↑不況が続く音楽業界
ライブハウスは(スタジオも)
そろそろ淘汰される時期に
来ているのかもしてません?

ここ十数年の期間
バンド数と半比例して
ライブハウスは増えすぎたと
思います。
(スタジオも増えましたが
ライブハウスほどでは・・・)

80年代~90年代・・・
バンドは切磋琢磨し
昼の部のオーデションに合格後
夜の部に出演できた
敷居の高かったライブハウス!
集客動員や演奏に関しても
厳しい意見が飛びかい
出演する側とされる側
お互いにシーンを盛上げようと
一生懸命に頑張っていた
あの頃・・・

過去を振り返るのは
良くないのかもしれませんが・・・
ライブハウスも
その本来の姿に戻る時期では
ないのでしょうか?

Blog Ranking
↑FC2ブログランキングに一票を!
スポンサーサイト

Trackback

Comment

御意♪
お久しぶりです!
日記、共感致しました。
今のライブハウスは単なる“レンタルスペース”と化しました。
ただ、名前だけは昔の名残があるので鹿○館に出れたとかは嬉しく思ったり(自爆)
しかし、当時は対バンのお客さんを食う(こっちのお客にする)とか意気込みを持ってやってましたが
今のシーンはどうなんでしょうね?(汗)
それ以前にお客さんがお目当てのバンドを観たら対バンを観ずに帰るようになってしまうような悲しい現実。。。
今は観に行くお客さんも“出演者ありき”であって“コヤありき”ではないんですよね。
そういう観点からも今のライブハウスは失墜したなと感じざるを得ません。

以上、20年前の音楽シーンを懐かしんでしまいましたごめんなさい!
駄文失礼致しました!m(__)m
Re: 御意♪
>っょ☆ぽんさん

おぉ!大変ご無沙汰です。
お元気ですか?

ライブハウスの現状・・・
悲しいですよねぇ~
もはや対バン形式の意味すらない
まるで公開リハーサルの様な現実が多々
本当に切ないです。

日本のインディーズは既に
赤信号が点滅しちゃってます。
  • 2011-07-11│19:20 |
  • プライム・マスター URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

プライム・マスター

Author:プライム・マスター
生まれも育ちも秋葉原!
スタジオ経営&バンド活動と
生活が音楽の毎日を
送っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

FC2ブログランキング

Twitter

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索